ハゲを治す方法を徹底解説!

ハゲてきたらやるべき7つの方法

ハゲてきたらもう終わり、かつらをかぶるしかない、そんな風に思っていませんか?
ハゲてきたからと言って諦めるのは勿体無い話、実はハゲを治す方法はちゃんとあるのです。

ハゲてきたと思ったら、少しでも早くハゲを治す方法を実践し始めることで、ハゲを治すことは可能です。
ハゲてきたと感じたら、以下のハゲを治す方法を実践してみてください。


まずは育毛剤で様子を見よう!


ハゲてきたと思ったら、まずは育毛剤でどこまでハゲを治すことができるか様子を見るのが鉄則です。
育毛剤はここ数年で飛躍的に進化しましたから、昔のそれと比べてハゲを治す方法として大いに期待できるようになりました。

毛髪科学的にハゲが進行するのを防止できるし、効果が出やすい体質の方であればハゲを完全に治すことが可能です。
育毛剤でハゲを治す上で重要なのは、どのようなものを主成分にしている育毛剤を選ぶのか、つまりは育毛剤を選ぶ方法を知ることです。

育毛剤はここ数年で実に目覚ましい発展を遂げましたが、ハゲを治す方法として選ぶべきはM-034とオウゴンエキスが配合されているものです。
M-034とは海藻から抽出される成分で、毛包で行われる細胞分裂を活発にする効果があります。
はげを治す方法の一つとして、衰退していた毛包の細胞分裂を活発化させることは非常に重要になります。

そしてオウゴンエキスは、男性がハゲる最大の原因と言われているジヒドロテストロンが、体内で生成されるのを防ぐ効果があります。
ジヒドロテストロンとは男性ホルモンが変異したもので、男性が成人してからハゲる1番の原因がこれです。
ジヒドロテストロンを抑制することで、ハゲが今よりも進行するのを防ぐ働きをするのがオウゴンエキスになります。

これら二つの成分を配合してある育毛剤は、ハゲを治す方法として大いに期待できます。
これら二つの成分が配合されていて、日本皮膚科学会からも推奨されている育毛剤にはイクオスとチャップアップがあります。

どちらの育毛剤も使用後に効果が無ければ返金してもらうことができるので、第一段階のハゲを治す方法として試してみましょう。
コストパフォーマンスはイクオスの方が良いので、こだわりが無ければイクオスを使ってみると良いでしょう。

イクオス公式サイトはこちら


チャップアップ公式サイトはこちら




育毛剤でハゲが治らないならプロペシア
ハゲを治す方法としてまず第一にやってみるべきなのは、M-034を主成分にした育毛剤です。
M-034が出てきてから育毛剤はかなり良くなり、育毛剤でハゲを治した方はたくさんいらっしゃいます。

しかし残念ながら育毛剤ではハゲを治すには至らなかった場合、次に実践すべきハゲを治す方法はプロペシアになります。
プロペシアとは正式名称をフィナステリドと言い、世界で初めての医師が処方するAGA(男性型脱毛症)の内服治療薬で、日本では取り扱いのある皮膚科で処方してもらえます。

プロペシアは一般的には、育毛剤よりもハゲを治す確率が高くなります。
それではなぜハゲを治す方法としてまずは育毛剤を使うのか、それはプロペシアにはハゲ改善の効果が高い反面、幾つかのデメリットが伴うからです。
ハゲを治す方法としては高い期待が持てるプロペシアですが、それに伴うデメリットを以下にまとめてみました。


ハゲを治す効果が現れるまで半年以上かかる


プロペシアの服用を始めて、実際にハゲを治す効果が現れるのには通常半年以上かかります。
かなり早い人であれば3ヶ月でハゲが治り始める方もいらっしゃいますが、それは極稀のケースになります。
育毛剤は1ヶ月くらいでハゲに対する改善効果が見られ出しますから、プロペシアはハゲを治す方法の中ではかなり時間がかかる方法になります。


プロペシアの服用は半永久的に続く


プロペシアはハゲを治す方法として高い効果が得られますが、育毛剤とは違って服用を止めるとまたハゲが進行してしまいます。
つまりハゲを治す方法でプロペシアを選んだからには、ハゲが治ってからもずっと薬を飲み続けなければいけないということになります。
プロペシアはハゲを治す方法の中でもコストが高い方法になりますから、続けることになれば経済的なリスクもあります。


副作用の危険


プロペシアはハゲを治す効果は強い反面、副作用のリスクもかなり高いと言われています。
副作用には様々なものが報告されていますが、特に多いのは肝機能障害、そして勃起不全です。

副作用を起こす可能性としては高くはありませんが、プロペシアが引き起こす生殖機能への障害には様々なものがあるので極めて深刻だと言えます。
その他にも体系の女性化やめまいなど様々な副作用があるので、ハゲを治す方法としてプロペシアを用いる時には医師にしっかりと相談しましょう。

 


プロペシアはハゲを治す方法として育毛剤よりも改善効果が高くはなりますが、仮にハゲを治すことができたとしても服用を続ける必要があります。
その中で常に副作用のリスクを抱えるのであれば、育毛剤でハゲを治すに越したことはないということです。
まずはM-034系の育毛剤を試した上で、ハゲに効果が無いようなら医師にプロペシアの相談をしてみましょう。



ハゲ治療の専門クリニック

ハゲを治したいという需要が増えると共に、様々なハゲを治す方法が登場しました。
そんな中で最近増え始めているのがハゲを治す専門の治療クリニックです。
目新しいハゲを治す方法が提供されるわけではなく、育毛剤やプロペシアなど従来のハゲを治す方法を使っての治療になります。

しかし患者ごとにハゲている原因をしっかりと診断した上で、適した治療方法を提案してもらえるので、ハゲを治す可能性はより高いと言われています。
デメリットとしてはやはり高額な治療費になりますが、育毛剤や皮膚科でもらうプロペシアなどの方法でハゲが治らないということであれば受診してみましょう。

もちろん受診した全員が完全にハゲを治すというわけではありませんが、ほとんどの男性が現状よりもハゲを改善することに成功しています。
育毛剤やプロペシアなど他の方法を試した上でそれでもダメなら、ハゲを治す方法の最終手段としてハゲ治療の専門クリニックを受診してみましょう。



今日からできるハゲを治す方法
ハゲを治す方法として確実に効果がある方法は、現時点では上記の3つになります。
しかしまだハゲがかなりの初期段階ということなら、生活習慣を改善することもハゲを治す方法になると言えます。

ハゲを治す方法としては育毛剤やプロペシアに比べるとかなり効果が下がりますが、今日から始められる簡単な方法です。
また育毛剤やプロペシアを使用しながら、並行して試してみるにも良い方法だと言えます。


亜鉛を摂る


ハゲを治す方法として度々あげられるのが亜鉛の摂取です。
亜鉛はハゲ予防のサプリメントにも含まれているくらい、ハゲを治す効果があると言われています。

もちろん亜鉛を摂ることがハゲを治すのに劇的な方法であるとはいえませんが、ハゲを治すために最も必要とされている栄養素であることは確かです。
亜鉛を含む食べ物はそう多くはありませんが、牡蠣は非常に多くの亜鉛を含んでいます。
牡蠣をたくさん食べてしっかりと亜鉛を摂取することは、ハゲを治す方法の一つだと言えます。


10時には布団に入る
ハゲを治す方法の一つに、成長ホルモンの分泌を促すというものがあります。
成長ホルモンは髪の毛の発毛や成長を活性化させるので、ハゲを治すためには非常に大切なホルモンです。

ハゲを治すのに必要な成長ホルモンが1日のうちで最も活発に分泌されるのは、夜の10時から2時の間になります。
その時間帯に睡眠を取ることは、より成長ホルモンの分泌を活性化させるので、ハゲを治す方法の一つだと言われています。


週末ランニング


有酸素運動はハゲを治す方法としてお勧めの方法の一つです。
有酸素運動をすると身体中の細胞が酸素を必要としますから、血行が促進されることになります。
血行促進はハゲを治すために非常に効果的です。

また適度に運動をすることで、ストレスを解消することができます。
ストレスは頭皮を硬くしてハゲを進行させてしまうので、運動などで定期的にストレスを解消することはハゲを治す上で大切です。